最後に編集されたのは 管理者
18.11.2020 | 歴史

日本語と西欧語 主語の由来を探る (講談社学術文庫)

  • 90 読みたい
  • 80 現在読んでいるもの

発行元 上智大学中世思想研究所 .

    Download 日本語と西欧語 主語の由来を探る (講談社学術文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 日本語と西欧語 主語の由来を探る (講談社学術文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 日本語と西欧語 主語の由来を探る (講談社学術文庫) 無料で, 本の無料読書 日本語と西欧語 主語の由来を探る (講談社学術文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 日本語と西欧語 主語の由来を探る (講談社学術文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  金谷武洋
    • レーベル:  講談社学術文庫
    • シリーズ名:  日本語と西欧語 主語の由来を探る
    • 発売日:  2019年05月10日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000058661
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」(川端康成)は英語で「The train came out of the long tunnel into the snow countory」(サイデンステッカー)。世界を表現する際の「視点」の違い。英語は「神の視点」を得ることによって主語の誕生を準備したが、「虫の視点」を持つ日本語にはそれは必要なかった。英語の歴史を踏まえ両言語と文化の違いを考察。

あなたも好きかもしれません

日本語と西欧語 主語の由来を探る (講談社学術文庫) by 上智大学中世思想研究所 ダウンロード PDF EPUB F2