最後に編集されたのは 管理者
24.11.2020 | 歴史

有島武郎 地人論の最果てへ (岩波新書)

  • 65 読みたい
  • 48 現在読んでいるもの

発行元 荒木優太 .

    Download 有島武郎 地人論の最果てへ (岩波新書) 本 Epub や Pdf 無料, 有島武郎 地人論の最果てへ (岩波新書), オンラインで書籍をダウンロードする 有島武郎 地人論の最果てへ (岩波新書) 無料で, 本の無料読書 有島武郎 地人論の最果てへ (岩波新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 有島武郎 地人論の最果てへ (岩波新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  荒木優太
    • レーベル:  岩波新書
    • シリーズ名:  有島武郎 地人論の最果てへ
    • 発売日:  2021年01月28日
    • 出版社:  岩波書店
    • 商品番号:  4100000142247
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    土地や血統の宿命からは決して逃れられないと知りつつも,普遍的な個性や愛を信じようとした有島武郎(一八七八ー一九二三).二つの力学が絡み合うなか,『或る女』『カインの末裔』『生れ出づる悩み』などの有島文学は産み落とされた.矛盾に満ちた葛藤の果てに有島が夢見た地平をめざして,その作品と生涯を読み解いていく.

あなたも好きかもしれません

有島武郎 地人論の最果てへ (岩波新書) by 荒木優太 ダウンロード PDF EPUB F2