最後に編集されたのは 管理者
24.11.2020 | 歴史

日本の生き筋ー家族大切主義が日本を救うー (扶桑社BOOKS)

  • 64 読みたい
  • 77 現在読んでいるもの

発行元 エドワード・ルトワック .

    Download 日本の生き筋ー家族大切主義が日本を救うー (扶桑社BOOKS) 本 Epub や Pdf 無料, 日本の生き筋ー家族大切主義が日本を救うー (扶桑社BOOKS), オンラインで書籍をダウンロードする 日本の生き筋ー家族大切主義が日本を救うー (扶桑社BOOKS) 無料で, 本の無料読書 日本の生き筋ー家族大切主義が日本を救うー (扶桑社BOOKS)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 日本の生き筋ー家族大切主義が日本を救うー (扶桑社BOOKS) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  北野幸伯
    • レーベル:  扶桑社BOOKS
    • シリーズ名:  日本の生き筋ー家族大切主義が日本を救うー
    • 発売日:  2018年12月07日
    • 出版社:  扶桑社
    • 商品番号:  4915691570001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    各種データや世界の事例をもとに、「幸せな日本の創り方」を提言。明るい未来イメージへの具体策!


    この本には、「幸せな日本の創り方」が、はっきり、くっきり記されています。

    皆さん、「日本の未来は、お先真っ暗だ!」とか思っていませんか?

    そう考える理由があるのですね。最大のものは、「少子化問題」でしょう。日本の人口は、2050年には9708万人、2100年には4959万人まで減るというのです。(「国立社会保障・人口問題研究所」の予測)


    それで、遠くない将来、全国896の地方自治体が消滅する可能性がある。恐ろしいことです。その他にも、いろいろいろいろ問題があります。

    ・年々増えつづける児童虐待・深刻ないじめ問題・過労死問題・無差別殺人事件・親の子殺し、子の親殺し・日本を代表する大企業の不正の数々・農村の高齢化、過疎化 などなど。


    存在する問題を列挙すれば、一冊本ができあがってしまいそうです。こう考えると、「日本の未来はお先真っ暗だな」と信じてしまっても、仕方ありません。

    しかし、そんな絶望は、この本を読むまでです。というのも、日本の諸問題には、「解決方法」があるからです。

あなたも好きかもしれません

日本の生き筋ー家族大切主義が日本を救うー (扶桑社BOOKS) by エドワード・ルトワック ダウンロード PDF EPUB F2

9.11 イラク戦争の頃から、平易な文章でわかりやすい世界情勢分析をされている北野さんの本。
現在の日本の最大の問題が少子高齢化であることはみんな知っているが、この本はそれに対して実行可能な解決プランが提示されている点がひと味もふた味も違う。また、その解決策の内容も、自分の頭で考えている日本人なら薄々感じているが、頭の中のタブーによって明確に表現できなかったようなものが多い。
しかし、本プランの最大の問題点は、
なによりも私達が普段あたりまえだと考えている「会社教」を改めるのに、大変な苦痛を伴うことである。
だから、本文の内容には賛成で、他人に適応する分には問題ないが、
自分自身の心の中の「会社教」をアップデートして修正する必要があり、これが一番の難関だろうと思った。