最後に編集されたのは 管理者
19.11.2020 | 歴史

天満橋まで 風の市兵衛 弐 (祥伝社文庫)

  • 42 読みたい
  • 52 現在読んでいるもの

発行元 辻堂魁 .

    Download 天満橋まで 風の市兵衛 弐 (祥伝社文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 天満橋まで 風の市兵衛 弐 (祥伝社文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 天満橋まで 風の市兵衛 弐 (祥伝社文庫) 無料で, 本の無料読書 天満橋まで 風の市兵衛 弐 (祥伝社文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 天満橋まで 風の市兵衛 弐 (祥伝社文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  辻堂魁
    • レーベル:  祥伝社文庫
    • シリーズ名:  風の市兵衛
    • 発売日:  2019年10月25日
    • 出版社:  祥伝社
    • 商品番号:  4681225999932
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    米騒動で騒然とする大坂・堂島蔵屋敷で手代が不審死!事件の鍵を握る「手仕舞帳(てじまいちょう)」とは……。江戸の定町廻り同心《鬼しぶ》の心配をよそに、唐木市兵衛は未だ大坂に留まっていた。世話になった長屋のお恒の息子・豊一が、突然、殺されたのだ。堂島の蔵屋敷で働く孝行息子だったが、その背中には幾つもの刺し傷があった。鬼しぶの息子である下っ引の良一郎らと下手人を追う市兵衛。折しも、堂島は米の取り付け騒ぎに震撼していた。さらに同じ頃、突如、市兵衛をつけ狙う刺客が姿を現わす。その気配からかなりの凄腕と市兵衛は感じたが……。全国の時代小説ファン注視の大人気シリーズ「風の市兵衛」は、ついにNHKテレビの正月ドラマに! 文庫第25弾の本作では、縁の深い商都・大坂でふたたび市兵衛の〈風の剣〉が!

あなたも好きかもしれません

天満橋まで 風の市兵衛 弐 (祥伝社文庫) by 辻堂魁 ダウンロード PDF EPUB F2