最後に編集されたのは 管理者
20.11.2020 | 歴史

封殺鬼 数え唄うたうもの (ルルル文庫)

  • 87 読みたい
  • 86 現在読んでいるもの

発行元 霜島ケイ .

    Download 封殺鬼 数え唄うたうもの (ルルル文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 封殺鬼 数え唄うたうもの (ルルル文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 封殺鬼 数え唄うたうもの (ルルル文庫) 無料で, 本の無料読書 封殺鬼 数え唄うたうもの (ルルル文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 封殺鬼 数え唄うたうもの (ルルル文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  霜島ケイ
    • イラスト:  カズキヨネ
    • レーベル:  ルルル文庫
    • シリーズ名:  封殺鬼
    • 発売日:  2013年11月15日
    • 出版社:  小学館
    • 商品番号:  4322292030001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    大人気シリーズ、新イラストで新作登場!!


    『本家』の二人の鬼・聖と弓生が使役の任から解放されて半年。相変わらず新宿で拝み屋をやっている野坂三吾のもとにある日、仕事の依頼が舞い込む。依頼主は女子大生、高階結衣。大学の探検サークルに所属している学生がつぎつぎに不審な死を遂げているので、助けてほしいという。三吾は二人とともに、調査を開始した。

     事の起こりはサークルのメンバー九人が、『埋蔵金探し』と称して瀬戸内海にある恵比子(えびす)島の禁忌を破ったことだった。島の岬には七体の地蔵が並んでいて、その場所に近づいた者は、祟りを受け島に伝わる唄の通りの死を迎えるという。この島は潮の流れの関係で昔から水死体が流れ着くことが多く、地蔵はそれを供養するためのものーーだがなぜ、それが祟るのか。

     謎を解明する過程で、三吾と二人の鬼は、島のもうひとつの言い伝えを知るが…!?


     『薄桜鬼』などで大人気のカズキヨネを新イラストレーターに迎え、大人気シリーズの現代編新作がいよいよ登場!!


    ※この作品は底本と同じクオリティのイラストが収録されています。

あなたも好きかもしれません

封殺鬼 数え唄うたうもの (ルルル文庫) by 霜島ケイ ダウンロード PDF EPUB F2

私の大好きなシリーズです。ずっと本を買っていたのですが、今回初めて電子書籍なるものを購入してみました。しかし、見方がわからず、どこでどう読んだらいいのかわからない状態です。悲しいです。困っています。