最後に編集されたのは 管理者
22.11.2020 | 歴史

瘠我慢の説 01 序

  • 47 読みたい
  • 37 現在読んでいるもの

発行元 相馬 泰三 .

    Download 瘠我慢の説 01 序 本 Epub や Pdf 無料, 瘠我慢の説 01 序, オンラインで書籍をダウンロードする 瘠我慢の説 01 序 無料で, 本の無料読書 瘠我慢の説 01 序オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 瘠我慢の説 01 序 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  石河 幹明
    • 発売日:  2009年12月15日
    • 出版社:  青空文庫
    • 商品番号:  4810000045521
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    明治維新における勝海舟と榎本武揚の所業を批判的に取り上げた「瘠我慢の説」は、1891(明治24)年11月27日に書き上げられたまま、長く公表されなかった。それが石河幹明のすすめによって、時事新報に掲載されたのが、1901(明治34)年1月1日。同年5月、「丁丑公論」とまとめて刊行された際には、石河幹明による序、1892(明治25)年2月に勝と榎本に宛てて福沢が送った書簡とその返答、石河による「瘠我慢の説に対する評論について」、木村芥舟による「福沢先生を憶う」が合わせて収録された。(雷太) 「序」(新字新仮名) 石河幹明 「瘠我慢の説」(新字新仮名) 福沢諭吉 「書簡」(新字新仮名) 福沢諭吉・勝海舟・榎本武揚 「瘠我慢の説に対する評論について」(新字新仮名) 石河幹明 「福沢先生を憶う」(新字新仮名) 木村芥舟「瘠我慢の説」[文字遣い種別]新字新仮名[底本]明治十年丁丑公論・瘠我慢の説[出版社]講談社学術文庫、講談社[初版発行日]1985(昭和60)年3月10日

あなたも好きかもしれません

瘠我慢の説 序 by 相馬 泰三 ダウンロード PDF EPUB F2