最後に編集されたのは 管理者
08.02.2021 | 歴史

木曜日の子ども (角川書店単行本)

  • 24 読みたい
  • 54 現在読んでいるもの

発行元 重松清 .

    Download 木曜日の子ども (角川書店単行本) 本 Epub や Pdf 無料, 木曜日の子ども (角川書店単行本), オンラインで書籍をダウンロードする 木曜日の子ども (角川書店単行本) 無料で, 本の無料読書 木曜日の子ども (角川書店単行本)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 木曜日の子ども (角川書店単行本) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  重松 清
    • レーベル:  角川書店単行本
    • 発売日:  2019年01月31日
    • 出版社:  KADOKAWA
    • 商品番号:  4334677100300
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    「世界はこんなに弱くてもろくて、滅ぼすなんて簡単なんだってことを……ウエダサマが教えてくれたんですよ」7年前、旭ヶ丘の中学校で起きた、クラスメイト9人の無差別毒殺事件。結婚を機にその地に越してきた私は、妻の連れ子である14歳の晴彦との距離をつかみかねていた。前の学校でひどいいじめに遭っていた晴彦は、毒殺事件の犯人・上田祐太郎と面影が似ているらしい。この夏、上田は社会に復帰し、ひそかに噂が流れるーー世界の終わりを見せるために、ウエダサマが降臨した。やがて旭ヶ丘に相次ぐ、不審者情報、飼い犬の変死、学校への脅迫状。一方、晴彦は「友だちができたんだ」と笑う。信じたい。けれど、確かめるのが怖い。そして再び、「事件」は起きたーー。※本作品は野性時代 2007年2月号~2009年1月号連載に大幅加筆修正したものです。

あなたも好きかもしれません

木曜日の子ども (角川書店単行本) by 重松清 ダウンロード PDF EPUB F2

少年犯罪をモチーフにしたダークな長編小説でした。内容的にも怖くて気分も悪くなり、長過ぎてゲンナリもしましたが、最後の最後で救われました。