最後に編集されたのは 管理者
31.01.2021 | 歴史

百貨店・デパート興亡史 (イースト新書)

  • 58 読みたい
  • 1 現在読んでいるもの

発行元 山川清弘 .

    Download 百貨店・デパート興亡史 (イースト新書) 本 Epub や Pdf 無料, 百貨店・デパート興亡史 (イースト新書), オンラインで書籍をダウンロードする 百貨店・デパート興亡史 (イースト新書) 無料で, 本の無料読書 百貨店・デパート興亡史 (イースト新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 百貨店・デパート興亡史 (イースト新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  梅咲恵司
    • レーベル:  イースト新書
    • シリーズ名:  百貨店・デパート興亡史
    • 発売日:  2020年05月07日
    • 出版社:  イースト・プレス
    • 商品番号:  4910000079465
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    江戸時代から続く「小売の王様」は、その使命を終えたのか?

    三越、伊勢丹、高島屋、松坂屋、大丸、西武、東急、阪急……

    変革はいつ止まったのか、再び革新は起こるのか。


    江戸時代の呉服屋に起源を持ち、およそ四〇〇年の歴史を誇る百貨店。近代小売業の先駆、業界のトップとして、日本の消費文化を創ってきた。しかし、いまや経営は厳しさを増す一方で、その存在が揺らいできている。三越、伊勢丹、高島屋、松坂屋、大丸、西武、東急、阪急……。かつて隆盛を極めた百貨店は、商品販売で、宣伝戦略で、豪華施設で、文化催事で、いかにして日本社会を牽引してきたのか。「モノが売れない」時代となり、デジタル化が進む現代において、何を武器に活路を拓くのか。「週刊東洋経済」副編集長が、その歴史と展望に迫る。


    【目次】

    はじめに


    序 章 「イノベーター」として君臨した百貨店

    第一章 商いーー「モノ」が売れない時代に何を売るか

    第二章 流行創出ーー文化の発信地にまだブランド力はあるか

    第三章 サービスーー「おもてなし」は武器であり続けるか

    終 章 かつての「小売の王様」はどこへ向かうのか


    おわりに

    主な参考文献

あなたも好きかもしれません

百貨店・デパート興亡史 (イースト新書) by 山川清弘 ダウンロード PDF EPUB F2