最後に編集されたのは 管理者
19.11.2020 | 歴史

ザ・コクピット〔小学館文庫〕(11)

  • 30 読みたい
  • 98 現在読んでいるもの

発行元 松本零士 .

    Download ザ・コクピット〔小学館文庫〕(11) 本 Epub や Pdf 無料, ザ・コクピット〔小学館文庫〕(11), オンラインで書籍をダウンロードする ザ・コクピット〔小学館文庫〕(11) 無料で, 本の無料読書 ザ・コクピット〔小学館文庫〕(11)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 ザ・コクピット〔小学館文庫〕(11) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  松本零士
    • シリーズ名:  ザ・コクピット〔小学館文庫〕
    • 発売日:  2015年08月07日
    • 出版社:  小学館
    • 商品番号:  4323285030011
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    ▼第1話/交響死『棺桶』第五番▼第2話/祖母(ばあちゃん)の日本刀▼第3話/黒蠅(ブラックフライ)の伝言▼第4話/第四の忠誠▼第5話/蝙蝠(こうもり)兵団▼第6話/海神(ネプチューン)の応接間▼第7話/化石城の亡霊▼第8話/無の島の二人▼第9話/真空管作戦▼第10話/戦いの末裔▼第11話/奈落魔道の妖霊▼第12話/親爺(おやじ)の親心●あらすじ/三輪と島岡が搭乗する“九九棺桶”は、エンジンの調子の良い時は爆音を立てて快走するが、不調時は高度を維持することすら不可能になってしまう、気まぐれな旧型艦爆機。だが、その不調時のエンジン音は、まるで交響曲を奏でているかのように心地よい響きで…(第1話)。●本巻の特徴/遠く異郷の地にあって、兵士達はさまざまなことを想った。故郷のこと、親兄弟のこと、そして愛する者のこと。だが、生きて再会を果たせた者はわずかであった…。肉親の情が痛切に響いてやまぬ「祖母の日本刀」、異色作「戦いの末裔」など、戦記漫画の最高峰12編を収録!!

あなたも好きかもしれません

ザ・コクピット〔小学館文庫〕(11) by 松本零士 ダウンロード PDF EPUB F2