最後に編集されたのは 管理者
17.11.2020 | 歴史

ドキュメント 金融庁vs.地銀~生き残る銀行はどこか~ (光文社新書)

  • 22 読みたい
  • 76 現在読んでいるもの

発行元 吉澤亮二 .

    Download ドキュメント 金融庁vs.地銀~生き残る銀行はどこか~ (光文社新書) 本 Epub や Pdf 無料, ドキュメント 金融庁vs.地銀~生き残る銀行はどこか~ (光文社新書), オンラインで書籍をダウンロードする ドキュメント 金融庁vs.地銀~生き残る銀行はどこか~ (光文社新書) 無料で, 本の無料読書 ドキュメント 金融庁vs.地銀~生き残る銀行はどこか~ (光文社新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 ドキュメント 金融庁vs.地銀~生き残る銀行はどこか~ (光文社新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  読売新聞東京本社経済部
    • レーベル:  光文社新書
    • シリーズ名:  ドキュメント 金融庁vs.地銀~生き残る銀行はどこか~
    • 発売日:  2017年05月26日
    • 出版社:  光文社
    • 商品番号:  4484421150001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    いま、地方銀行は空前の再編ラッシュを迎えている。それは「地銀が稼げなくなっている」という単純な理由による。このことに強い危機感を抱いているのが森信親長官が率いる金融庁である。地銀は地元経済に貢献できているのか、このままでは顧客から見捨てられ、経営が行き詰まるのではないか、等々。改革が進む金融庁、そして「空前の再編ラッシュ」を迎えている地方銀行の動きを中心に、日本の金融界が置かれた現状と行方に迫る。

あなたも好きかもしれません

ドキュメント 金融庁vs.地銀~生き残る銀行はどこか~ (光文社新書) by 吉澤亮二 ダウンロード PDF EPUB F2

この本は、大蔵省がバブル崩壊で、不良債権処理などの不祥事から、財務省と金融庁に分かれた経緯を書いています。
また、地方銀行は、合併を繰り返して、この本には書かれていませんが、およそ貯金額20兆円、20行のグループに集約されていくと思われますね。
現在、地方銀行は、「人口減少、IT技術の遅れ、日銀のゼロ金利」の三つで、地方銀行は赤字になっています。その為、金融庁は、地方銀行は、「担保を取ることよりも、事業の将来を見て、融資をする目利きをする力をつけろ!」と言っていますね。
ただ、現在の銀行は、不良債権処理に追われて、融資をする目利きの力が銀行員になくなっています。
具体的には、スルガ銀行の不正融資などが見られ、とても厳しい状況になっています。
そして、金融庁も指導はできますが、現実可能な明確なビジョンを持っているとは思えませんし、地方銀行の人間も、金融庁に、「言うは易し、行うは難し」と思っていると思いますね。
また、メガバンクも万単位での大リストラを発表していますが、地方銀行でも、大リストラが始まると思いますね。銀行業は、花形で、エリートが入る業界でしたが、もう、就職先としては、考えない方がいいですね。厳しい時代になりましたね。
最後に、電子書籍をしてもらえて、とても助かりました。電子書籍が遅れている出版社は、見習ってほしいですね。