最後に編集されたのは 管理者
18.11.2020 | 歴史

日本の「ミドルパワー」外交 ――戦後日本の選択と構想 (ちくま新書)

  • 87 読みたい
  • 30 現在読んでいるもの

発行元 添谷芳秀 .

    Download 日本の「ミドルパワー」外交 ――戦後日本の選択と構想 (ちくま新書) 本 Epub や Pdf 無料, 日本の「ミドルパワー」外交 ――戦後日本の選択と構想 (ちくま新書), オンラインで書籍をダウンロードする 日本の「ミドルパワー」外交 ――戦後日本の選択と構想 (ちくま新書) 無料で, 本の無料読書 日本の「ミドルパワー」外交 ――戦後日本の選択と構想 (ちくま新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 日本の「ミドルパワー」外交 ――戦後日本の選択と構想 (ちくま新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  添谷芳秀
    • レーベル:  ちくま新書
    • 発売日:  2020年05月01日
    • 出版社:  筑摩書房
    • 商品番号:  5591229296860
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    戦後の日本外交は、憲法九条を維持したまま日米安保条約を結ぶという吉田茂の「中庸」の選択によって規定されてきた。しかしこの外交路線は左右両政治勢力から攻撃され、「平和国家日本」と「大国日本」という国家像の分裂をもたらし、時にそれが日本外交の足枷となってきた。本書は吉田路線の上を歩んできた戦後日本外交の主体性を「ミドルパワー外交」の視座から掘りおこす。ミドルパワー外交とは、大国との全面的対立を放棄しつつ、紛争防止や多国間協力などに力点をおく外交である。国際政治および戦後日本外交への深い洞察によって導き出された、等身大の日本外交を考えるための必読書。

あなたも好きかもしれません

日本の「ミドルパワー」外交 ーー戦後日本の選択と構想 (ちくま新書) by 添谷芳秀 ダウンロード PDF EPUB F2