最後に編集されたのは 管理者
19.11.2020 | 歴史

ビッグデータの支配とプライバシー危機 (集英社新書)

  • 18 読みたい
  • 97 現在読んでいるもの

発行元 C・G・ユング .

    Download ビッグデータの支配とプライバシー危機 (集英社新書) 本 Epub や Pdf 無料, ビッグデータの支配とプライバシー危機 (集英社新書), オンラインで書籍をダウンロードする ビッグデータの支配とプライバシー危機 (集英社新書) 無料で, 本の無料読書 ビッグデータの支配とプライバシー危機 (集英社新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 ビッグデータの支配とプライバシー危機 (集英社新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  宮下紘
    • レーベル:  集英社新書
    • シリーズ名:  ビッグデータの支配とプライバシー危機
    • 発売日:  2017年05月19日
    • 出版社:  集英社
    • 商品番号:  4824405200001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    インターネット技術の発展により、世界中の情報がつながり「ビッグデータ」が形成される今、人々のプライバシーは未曽有の危機にさらされている。オーウェルの小説『1984年』的な国家による監視活動のみならず、民間企業に蓄積された個人情報の大量漏えい、図書館の閲覧記録やネット通信販売で購買した商品の傾向で人物像を読み取られてしまうプロファイリング、マイナンバー制度に民間サービスの情報を統合することで生じるリスクなど、知らないと危ないビッグデータ社会の落とし穴を、多数の事例をまじえ紹介。ビッグデータの専制と支配から自由と尊厳を守るために何が必要なのか? 米国、欧州の事情にも詳しい著者が、新時代のプライバシー権の議論を明快に提示する。【目次】序章 スノーデンの警鐘/第一章 デジタル化の専制/第二章 ビッグデータの覇権とプライバシーの反逆/第三章 プライバシーをめぐるアメリカとヨーロッパの衝突/第四章 日本のプライバシー保護を考える/終章 自由、尊厳、そして尊重/あとがき

あなたも好きかもしれません

ビッグデータの支配とプライバシー危機 (集英社新書) by C・G・ユング ダウンロード PDF EPUB F2