最後に編集されたのは 管理者
13.11.2020 | 歴史

橋の上の「殺意」 <畠山鈴香はどう裁かれたか> (講談社文庫)

  • 16 読みたい
  • 34 現在読んでいるもの

発行元 青木理 .

    Download 橋の上の「殺意」 <畠山鈴香はどう裁かれたか> (講談社文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 橋の上の「殺意」 <畠山鈴香はどう裁かれたか> (講談社文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 橋の上の「殺意」 <畠山鈴香はどう裁かれたか> (講談社文庫) 無料で, 本の無料読書 橋の上の「殺意」 <畠山鈴香はどう裁かれたか> (講談社文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 橋の上の「殺意」 <畠山鈴香はどう裁かれたか> (講談社文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  鎌田慧
    • レーベル:  講談社文庫
    • シリーズ名:  橋の上の「殺意」 <畠山鈴香はどう裁かれたか>
    • 発売日:  2016年05月13日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000029410
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    二〇〇六年秋田で、二人の児童の遺体が見つかった。逮捕されたのは、亡くなった女児の母でシングルマザーの畠山鈴香。しかし彼女に「殺意」はあったのか? 著者は、悲惨な生い立ちと裁判の杜撰さを追い、検察の強引な死刑求刑とも、弁護側とも異なる、独自の「真相」を提示する。各紙誌絶賛のルポルタージュ!

あなたも好きかもしれません

橋の上の「殺意」 <畠山鈴香はどう裁かれたか> (講談社文庫) by 青木理 ダウンロード PDF EPUB F2